bg

家族葬と一日葬の違い

公開日: |更新日:

家族葬と一日葬ではどのような違いがあるのかについて解説します。家族葬、一日葬それぞれのメリット、デメリットについてもまとめました。

家族葬と一日葬の違い

混同されやすい家族葬と一日葬ではありますが、異なるものです。
家族葬は、参列者を限定し、家族や親族、親しい方のみをまねいて行う葬儀です。一般的な葬儀と同様に2日間かけて行うことも多いです。

一方、一日の中で葬儀を完了させるのが一日葬です。一般葬で行う通夜と通夜振る舞いは基本的に行いません。そのため、一般葬は8時間程度の時間がかかるのに対し、一日葬は5時間程度で終わります。

例えば、家族や親族、親しい方のみを招き、一日で葬儀を終わらせるような場合は家族葬であり、一日葬でもあるということになります。

家族葬のメリット・デメリット

家族葬は参列者が限られているため、ゆっくり故人とお別れの時間を取れることや、規模が小さいものが一般であることから費用を抑えられるのがメリットです。

一方で参列者をどこまで呼ぶのか悩んだり、一般葬よりも香典が少なくなることから費用負担が大きくなったりするデメリットがあります。

一日葬のメリット・デメリット

一日葬にもメリット、デメリットがあります。それぞれ解説します。

メリット

一日葬の場合、一般的な家族葬よりも葬儀にかかる時間が短く済みます。通夜が含まれないことから、会場を利用するためにかかる費用を抑えられるのもメリットです。その分、故人とゆっくり過ごせます。

また、通常は2日間にわたって行われる葬儀が1日で済むので、遺族の負担が大きく減るのもメリットだといえるでしょう。特に高齢の方が葬儀の中心となる場合、一般葬だと体力的な負担を感じてしまうことがありますが、そういった心配も小さいです。

デメリット

一般葬よりも参列者が少なくなる葬儀であるため、参列できなかった方に対して後日、弔問の機会を設けることになります。

また、親族や人から賛同が得られなかったり、反対されてしまったりする恐れがあるのもデメリットです。

費用についても必ずしも極端に安くなるとはいえません。通夜を行わないとしても葬儀の前日にはご遺体を会場に安置しなければならないため、2日分の費用を請求されることもあります。

家族葬のサービスが充実!
久留米の葬儀社3選

白香苑

家族葬プラン
21万8900円~
           

公式サイトから
問い合わせる

草苑

家族葬プラン
24万円~

公式サイトから
問い合わせる

白香苑

家族葬プラン
21万8900円~

公式サイトから
問い合わせる

フェニックス
ホール玉泉院

家族葬プラン
36万円~

公式サイトから
問い合わせる

選定理由:2019年3月時点で祭壇生花 祭壇供物 棺 骨壺 遺影 運営スタッフ 式場内備品 斎場内備品 式場使用料 式場看板 位牌 納官用品 お骨上げ用品 遺体保存処置 枕飾り 受付備品 役所手続き 寝台車 霊柩車が家族葬に含まれている。
※価格は、2021年12月の情報です。