bg

家族葬ホール・家族葬専用式場とは?

公開日: |更新日:

家族葬を行うための会場である家族葬ホール。一般的な会場と何が違うのか、どのような特徴があるのか、専用ホールにすることのメリットは何かなど、家族葬ホールの気になる情報を調べました。家族葬を検討している方はぜひ参考にしてください。

家族葬ホールとは?

家族葬専用式場とも呼ばれる家族葬に特化した葬儀式場が、家族葬ホールです。通常の式場でも家族葬は可能ですが、特化した式場で行うことにより家族の繋がりや絆を感じられるホールで葬儀を行うことができます。

家族葬ホールの仕様については、各式場・斎場で異なります。

  • 自宅にいるようなアットホームな雰囲気
  • メモリアルコーナーの設置
  • 故人とお別れが出来るような広めのスペース設計

家族葬ホールではバリアフリー設計や足腰の負担にならないようなじゅうたんが敷かれているなど、特化型だからこその様々な配慮がされているところもあります。

家族葬ホールの特徴やメリット

故人を身近に感じられる

家族葬ホールは収容人数30~50名を想定しており、少人数に特化したつくりになっています。参列者の数に対しホールが大きすぎて寂しく感じるようなことはないのです。

また、少人数で空間を使用する事により、故人を身近に感じることが出来る、ゆっくりと見送ることが出来るメリットがあります。斎場によっては祭壇や棺のレイアウトを自由自在に設定できるようになっており、参列者や遺族全員が故人の棺をみることも可能です。

貸し切りが可能なホールもある

一般的な会場は、他の葬儀と一緒になることがあります。しかし、家族葬ホールは貸切可能な場所も多く、葬儀会葬者や関係者と一緒になることもありません。プライバシーや防犯面で安心できるだけでなく、設備が自由に利用できるのもメリットです。

1日1組だけの完全予約制としている会場もありますが、希望日に予約が取れないこともあります。貸切を希望する場合は、予約の可否も含めて早めに確認するようにしましょう。

遺族控室の使い勝手が良い

遺族や親族がゆっくり過ごすことが出来るよう、遺族控室の環境を整備されている場合も多いのが特徴です。ホテルのような遺族控室にしている会場もあります。

仮眠室にはバスルームが用意され、アメニティグッズが充実するなどの配慮がなされているホームも。また、キッチン設備があるなど、故人を身近に感じながらゆっくりと過ごすことが出来るよう工夫されているのです。

家族葬に特化した家族葬ホールは
充実した設備が魅力

家族葬は、一般の斎場でも行えます。しかし、家族葬ホールは家族葬を専門にしているからこそ、ゆったりとした空間で親族・遺族・故人が静かに温かな雰囲気の中でお別れの時間を過ごすことが出来ます。また、小規模な葬儀を行うことにより費用を抑えることも可能です。家族葬を検討している際は、家族葬に特化し、知識や経験を持ったスタッフのいる家族葬ホールをチェックしてみると良いでしょう。

家族葬のサービスが充実!
久留米の葬儀社3選

白香苑

家族葬プラン
21万8900円~
           

公式サイトから
問い合わせる

草苑

家族葬プラン
24万円~

公式サイトから
問い合わせる

白香苑

家族葬プラン
21万8900円~

公式サイトから
問い合わせる

フェニックス
ホール玉泉院

家族葬プラン
36万円~

公式サイトから
問い合わせる

選定理由:2019年3月時点で祭壇生花 祭壇供物 棺 骨壺 遺影 運営スタッフ 式場内備品 斎場内備品 式場使用料 式場看板 位牌 納官用品 お骨上げ用品 遺体保存処置 枕飾り 受付備品 役所手続き 寝台車 霊柩車が家族葬に含まれている。
※価格は、2021年12月の情報です。