bg

家族葬の費用をリサーチ

ここでは、久留米市における家族葬の費用、葬儀の補助金など、気になるお金のことについてまとめています。

久留米市の家族葬の費用相場

2019年4月に行った調査では久留米市の家族葬の相場は40万円と、全国平均の60万円弱と比べかなり安い傾向があります。必要なものは全て含まれているパッケージプランや、規模が小さくても高級感のある祭壇など、会社によってはサービス内容や強みが違うので、事前にしっかりと確認をしておきましょう。

久留米市の低価格・サービス充実のおすすめ葬儀社3選を見る

会員価格と互助会

家族葬の料金を、会員価格と一般価格の2種類提示をしている会社もあります。会員価格はその葬儀社や葬儀サービスのメンバーである、もしくは互助会に入っている人を対象としたと料金表示です。

互助会は、将来のお葬式に備えて会費を積み立てていくシステムです。 月々3,000〜5000円程度の少額な掛金を一定期間払うことにより、負担が少ない葬儀を行うことができます。会社によっては入会金・年会費などの発生もなく、また葬儀プランやオプションプランの特別割引などを受け取れるメリットもあります。

一括で支払う遺族の負担が減るほかさまざまなメリットもあるので、ぜひ問い合わせをしてみましょう。

久留米の葬儀の補助金(制度葬祭扶助制度・制度給付金制度)

久留米市では、申請することで葬儀費用を負担してくれる制度や、補助金が支給される制度があります。

葬祭扶助制度

扶養義務者やその他の遺族が困窮していて葬儀が行えない場合、葬祭費扶助制度といった葬儀費用において補助を受けることができます。この制度の適用が認められるのは、必要最低限の葬儀(大人201,000円 / 子ども160,800円)です。そのため、祭壇や生花を飾るような豪華な葬儀ではなく、質素な棺に故人を納め火葬する場合が多いので注意が必要です。

給付金(葬祭費、埋葬料、埋葬費)制度

国民健康保険に加入していた人が亡くなったときは、その葬祭を行った人に葬祭費3万円が支給されます。請求期間は葬儀の翌日から2年以内で、会葬礼状、葬儀代の領収書などとともにその他申請に必要な書類等を揃え、市役所の1階6番窓口「健康保険課」にて申請ができます。

また、被保険者本人またはその被扶養者が死亡した場合に、被扶養者など(被保険者本人が死亡した場合)や被保険者(被扶養者が死亡した場合)に支給される「埋葬料給付金制度」というものもあります。給付金の上限は50,000円で、故人の死亡から2年以内に申請を行う必要があります。

よく似た制度の「埋葬費給付金制度」とは、被保険者本人が死亡した場合で、被扶養者など埋葬料の申請ができる人がいない場合、実際に埋葬を行った人に支給される給付金です。こちらも申請期間は死亡から2年以内、上限額は50,000万円と定められています。

上記の2つの埋葬料/埋葬費の給付金については、全国健康保険協会の福岡県久留米市支部に申請/問い合わせができます。

家族葬のサービスが充実!
久留米の葬儀社3選

白香苑

家族葬プラン
19万9000円~
           

公式サイトから
問い合わせる

草苑

家族葬プラン
30万円~

公式サイトから
問い合わせる

白香苑

家族葬プラン
19万9000円~

公式サイトから
問い合わせる

フェニックス
ホール玉泉院

家族葬プラン
36万円~

公式サイトから
問い合わせる