bg

家族葬の挨拶事例集

ここでは家族葬で行うべき挨拶についてご紹介します。

家族葬での挨拶はそもそも必要か?

家族葬は親しい間柄の人達のみを招待した葬儀なので、通常の一般葬や社葬の時のような形式張った挨拶必要ありません。もし完全に家族の間のみで行い、親族や知人が参列しない場合は省略してしまってもいいでしょう。

しかしわざわざ遠方から来てくれた親族や、故人と親しかった知人・生前にお世話になった方が参列する場合は、簡単な挨拶をした方がベターです。弔意を示して参列してくれた方に対しては、感謝と敬意を忘れずに、シンプルな自分の言葉で気持ちを述べましょう。

家族葬で喪主が挨拶をするタイミングは、通夜が終わった後と葬儀後の出棺時です。またケースにもよりますが、僧侶への挨拶、精進落としの前後、通夜振る舞いの前後、告別式の後にも挨拶をすることがあります。

葬儀社によっては、挨拶の仕方などをレクチャーしてくれるところがあるので、困った際は相談してみるといいでしょう。

久留米市の低価格・サービス充実のおすすめ葬儀社3選を見る

シーンごとの挨拶事例まとめ

僧侶への挨拶例

僧侶が到着後、挨拶をし、その後僧侶を控え室へと案内をします。

「お忙しい中、ご足労いただきまして、本日は誠にありがとうございます。また不慣れではございますが、何かとご指導くださいますよう、よろしくお願いいたします。」

お通夜での挨拶

通夜の振る舞いの前後のどちらかで、挨拶をします。例は通夜振る舞い前のケースですが、必要に応じて後半部分を「夜もふけて参りましたので、ここでお開きにしたいと存じます。」や「お帰りの皆様は、どうぞお気をつけてお帰り下さいませ。」といった内容に変えましょう。

「本日はお忙しい中、通夜に参列いただき誠にありがとうございました。生前親しくさせていただきました皆様がお集まりくださり、故人も喜んでいることと思います。ささやかながら、別室にお料理/茶菓子などの用意がしてございます。どうぞお召し上がりながら、故人を偲び、思い出話などをお聞かせいただければ幸いです。」

告別式での挨拶

受付での挨拶は簡潔にお礼を述べるだけに留めておき、特定の人と長時間にわたって会話をすることは避けましょう。

「お忙しいところお悔やみいただきまして、誠にありがとうございます。」、「ご丁寧に恐れいります」

出棺での挨拶

出棺前の挨拶は、感謝の気持ちを表すことが大切であり、葬儀に参列してもらったことに対するお礼と、生前故人がお世話になったことに対するお礼を基本とした内容にしましょう。

「本日はご多忙中のところ、[故人名]の告別式に多数お集りいただきまして、誠にありがとうございます。おかげをもちまして昨日の通夜、本日の葬儀・告別式を滞りなく執り行うことができました。最後までお見送りいただきまして、[故人名]も喜んでいる事と思います。どうぞ残された私共に対しても、生前と変わりなきご指導をくださいますよう、よろしくお願いいたします。本日は誠にありがとうございました。」

言ってはいけない言葉は?

喪主が挨拶をする際、使ってはいけないNGワード「忌み言葉」には注意をしましょう。不吉な言葉、重ね言葉、続くことが連想される言葉など、相手に失礼にあたります。

忌み言葉の一例

  • いよいよ、度々、益々、重ね重ね、どんどん、皆々様
  • 続いて、繰り返し、追って、返す返す、引き続き
  • 「生存中」は「生前」に言い換える
  • 「急死」は「突然のこと」に言い換える
  • 「死亡」は「他界」や「永眠」に言い換える

家族葬のサービスが充実!
久留米の葬儀社3選

白香苑

家族葬プラン
19万9000円~
           

公式サイトから
問い合わせる

草苑

家族葬プラン
30万円~

公式サイトから
問い合わせる

白香苑

家族葬プラン
19万9000円~

公式サイトから
問い合わせる

フェニックス
ホール玉泉院

家族葬プラン
36万円~

公式サイトから
問い合わせる