bg

家族葬の香典返しとは?

ここでは、家族葬における香典のマナーについてご紹介します

そもそも家族葬で香典返しは必要?

家族や親族、近しい友人のみで故人を見送る家族葬は、「形式に沿った儀礼を省きたい」、「費用を抑えたい」といったような理由も背景にあり、選ぶ人も増えてきています。そのような家族葬ならではの悩み事のひとつが「香典」。

「家族葬だから、香典を辞退するものなのか?」「香典を辞退しているからといって、本当に香典を渡さなくてもいいのか?」「家族葬でそもそも香典返しは必要か?」といったような、判断に迷うこともあるかと思います。

まず香典を辞退する場合は、故人が亡くなったことを伝える際に、香典を辞退する意思をあらかじめ伝えておくと良いでしょう。しかし参列者の中には「お世話になった故人のために、どうしても香典を渡したい」というような方もいるかもしれません。その場合は一度お断りをして、それでも渡そうとする場合は受け取りましょう。

家族葬で香典を辞退している場合は、参列者は遺族の意向を汲み取って香典を渡さないことが基本となります。しかし、上記のようなパターンもあるので、香典を受け取った場合はいただいた金額に合わせた品を、お返しします。

葬儀社によっては、香典返しについて詳しくレクチャーしてくれるところもあるので、ぜひチェックしてみましょう。

久留米市の低価格・サービス充実のおすすめ葬儀社3選を見る

香典返しのタイミングは?

香典返しには「即日返し」と「忌明け後の香典返し」の2つの方法があります。 「即日返し」は葬儀当日に一律の金額の品物を渡すもので、後日香典帳をチェックしながら香典返しをする手間が省けるというメリットはありますが、即日返しの内容に見合わない、高額の香典が包まれていた場合には、忌明けに通常通りの香典返しをする必要があります。贈る時期は忌明けの四十九日(亡くなってから49日後)の法要後、1ヶ月以内を目安にしましょう。

香典をいただいた際に「香典のお返しは不要」と言われた場合でも、後日四十九日の法要に合わせて、お礼状は出すようにしましょう。

香典返しにはどんな品を送るべき?

香典返しの金額の相場ですが、いただいた香典の額の半分から3分の1程度の品をお返しするのが一般的です。よく選ばれる品としては、法要のお返し同様に「お茶」「海苔」「洗剤」「石鹸」などの消耗品や、「タオル」「毛布」「シーツ」のような日用品があります。

香典返しで避けた方が良いものは、肉や魚などの「四つ足/生臭いもの」、お酒やタバコなどの「嗜好品」、かつお節や昆布といった「慶事に使われる品」なので、覚えておきましょう。その他、商品券や金券など金額がわかってしまうものも、贈らない方が無難です。

最近はカタログギフトも香典返しに使われています。メリットとしては次のようなことが挙げられます。

  • 好きな物を選んでもらえる
  • タブーとされている品物でも、自分で選んでもらえるのであれば問題がない
  • 当日返しのように、会葬者の荷物にならない
  • 日持ちしない食べ物も選んでもらえる
  • さまざまな価格やセットがあるため、香典の額に応じた対応ができる

品物選びに迷った場合はとても便利なので、ぜひ活用してみてはいかがでしょう。

家族葬のサービスが充実!
久留米の葬儀社3選

白香苑

家族葬プラン
19万9000円~
           

公式サイトから
問い合わせる

草苑

家族葬プラン
30万円~

公式サイトから
問い合わせる

白香苑

家族葬プラン
19万9000円~

公式サイトから
問い合わせる

フェニックス
ホール玉泉院

家族葬プラン
36万円~

公式サイトから
問い合わせる