bg

家族葬の流れとは?

家族葬の流れについて、各手順ごとに詳しく解説します

家族葬の流れその1:逝去・安置

近年は人が亡くなる時は、自宅ではなく病院や施設での場合がほとんどで、遺体を安置しておける時間は最大半日ほどです。まずは遺族で話し合って、搬送先と搬送を依頼する葬儀社を決めることが最初に行うことです。病院や施設で案内をしてくれる場合もありますし、故人が決めていた葬儀会社に依頼してもいいでしょう。

久留米市の低価格・サービス充実のおすすめ葬儀社3選を見る

家族葬の流れその2:打ち合わせ

葬儀を行う葬儀会社を決めたら、どのようなスタイルにするか、招待を何人くらいに出すかを話し合い、葬儀プランを決めます。その後、寺院や斎場・火葬場の空き状況を確認し、通夜・告別式の日程を調整します。また葬儀会社とは初七日の法要後の会食の内容も、あらかじめ確認しておくと後々スムーズです。

家族葬の流れその3:納官

葬儀会社によっては、故人の新たな旅立ちを願い、現世の汚れを洗い清める儀式「湯灌」を遺族が一緒に行うこともできます。死化粧や死装束そのあとに続きますが、最近では伝統的な経帷子ではなく、故人のお気に入りだった洋服を着せることも増えています。

遺体を棺に収める際は、故人が愛用していたものや手紙・写真、旅支度の品を入れることができますが、不完全燃焼を起こす心配のある品などは、葬儀会社のスタッフに確認しましょう。

家族葬の流れその4:通夜式

通夜の実務は、葬儀社が大部分を担ってくれる場合がほとんどです。一般的には17時〜18時ごろから始まり、終了後参列者や僧侶・世話役が退出し、遺族だけになったところで、本来の意味での「通夜」が始まります。

一晩中、灯明と線香の火を絶やさず、お棺に付き添う「棺守り」は体力も必要なので、疲れている場合は余力のある遺族に任せて、ゆっくりと休むようにしましょう。

家族葬の流れその5:告別式

喪主は基本的故人のそばに座り、一人ひとりの弔問に丁寧に対応します。実務は事前に打ち合わせた通りに、葬儀社や世話役に任せておきましょう。一般的に焼香が終わり僧侶の退出後、喪主の挨拶があります。

家族葬の流れその6:出棺

葬儀/告別式が終わり、お別れの花を棺に納めたら出棺となります。地域によっては、火葬場で故人の顔を見てのお別れが出来ないところもあるので、後悔しないようしっかりと顔を見ておきましょう。

遺体が入った棺は、主に男性の遺族を含めて6~8人で霊柩車へと運びますが、棺の向きは葬儀会社の指示に従います。

家族葬の流れその7:火葬

火葬場についたら、火葬炉の前にお柩を安置し「納めの式」を行います。火が入れられて1〜2時間後に火葬が完了した後、「骨上げ」という、箸で遺骨を拾い骨壺に納める儀式を行います。

家族葬の流れその8:葬儀後の手続き

葬儀が終わったら、「世帯主変更届」「介護保険資格喪失届」「国民健康保険資格喪失届」「年金受給停止届」などといった、各種行政手続きを行います。死亡から14日以内に処理をしなければいけない項目も多いので、優先順位の高いものから手続きを行いましょう。

そのほか、葬儀会社への支払いや生命保険会社への請求、香典の整理と後返しの手配・挨拶回りなど、葬儀の後にはたくさんやるべきことがあるので、リストを作成し、漏れがないように気をつける事をおすすめします。

家族葬のサービスが充実!
久留米の葬儀社3選

白香苑

家族葬プラン
19万9000円~
           

公式サイトから
問い合わせる

草苑

家族葬プラン
30万円~

公式サイトから
問い合わせる

白香苑

家族葬プラン
19万9000円~

公式サイトから
問い合わせる

フェニックス
ホール玉泉院

家族葬プラン
36万円~

公式サイトから
問い合わせる