bg

家族葬と密葬の違い

公開日: |更新日:

少人数で行う葬儀のスタイルである家族葬と密葬。よく混同されがちですが、両者には明確な違いがあります。ここでは、家族葬と密葬の意味と違いについて解説します。

家族葬とは

家族葬とは、少人数で行う葬儀のことです。参列する人数は地域によって異なりますが、一般的には10~30人程度で行われます。

家族葬と呼ばれていますが、家族のみで行うのではなく、故人と生前親しかった友人や知人が参列する場合もあります。小さめの会場でごく親しい人のみのリラックスした雰囲気で行う葬儀で、近年需要が高まっています。

密葬とは

密葬とは、身内だけで内々に行う葬儀のことです。いったん火葬のみを済ませ、後日「本葬」を行うのが前提となっています。多くの参列者が予想される著名人や会社経営者など、一度に葬儀を行うと混乱の生じる可能性がある場合に行います。

密葬の場合は、基本的には亡くなったことを公にはしません。また、公にする場合でも後日に本葬を行う旨を伝えて、できる限り参列を控えてもらうようにします。

家族葬と密葬の相違点

混同されがちな家族葬と密葬の相違点について解説します。

本葬の有無

家族葬と密葬の大きな違いは、本葬の有無です。

家族葬の場合は単体で葬儀が集結しますが、密葬の場合は後日に本葬が行われます。

本葬は、「お別れ会」や「偲ぶ会」と呼ばれることもあり、多くの人の参列のもとで行われます。また、会社経営者の本葬の場合は「社葬」として行われることもあります。

流れ

家族葬と密葬の流れに大きな違いはなく、一般葬と同じように執り行われます。ただし、身内のみの葬儀なので、弔辞や弔電の奉読などが省略されて、より簡素になることもあります。

家族葬も密葬も特別な儀式はなく、基本的には以下のような流れです。

  • 1日目:葬儀の打ち合わせ
  • 2日目:納棺、お通夜
  • 3日目:告別式、出棺、火葬

参列者の範囲

家族葬も密葬も参列者を限定するので、一般葬に比べてかなり少人数で行われます。

家族葬の場合は、単体で葬儀が集結するので家族以外の親しい友人や知人が参列することがあります。

対して密葬の場合は、後日に本葬が執り行われるので、参列者は身内のみに限定され、より小規模な人数で行われます。本葬の際は生前に交流のあった多くの人が参列するので、非常に大規模なものになることが多くあります。

家族葬のサービスが充実!
久留米の葬儀社3選

白香苑

家族葬プラン
21万8900円~
           

公式サイトから
問い合わせる

草苑

家族葬プラン
24万円~

公式サイトから
問い合わせる

白香苑

家族葬プラン
21万8900円~

公式サイトから
問い合わせる

フェニックス
ホール玉泉院

家族葬プラン
36万円~

公式サイトから
問い合わせる

選定理由:2019年3月時点で祭壇生花 祭壇供物 棺 骨壺 遺影 運営スタッフ 式場内備品 斎場内備品 式場使用料 式場看板 位牌 納官用品 お骨上げ用品 遺体保存処置 枕飾り 受付備品 役所手続き 寝台車 霊柩車が家族葬に含まれている。
※価格は、2021年12月の情報です。