bg
久留米のおすすめ葬儀社ガイド » そもそも家族葬って何?

そもそも家族葬って何?

ここでは、最近需要が高まっている家族葬についてまとめています。

家族葬とは

家族葬とは、家族が葬儀に呼ぶ範囲を故人と親しかった人に限定し、少人数でゆっくりとお別れをする葬儀スタイルです。葬儀の名前に家族とつくので、家族や家族だけで行うものだと思う人もいるかもしれませんが、家族葬には親族や友人も呼ぶことができます。

親しかった人に限定しているので、近所に住まれている人や職場関係の人は呼ばないのが一般的です。そのため参列者の数は、10〜30名ほどであることがほとんどで、通夜と葬儀・告別式の2日間で完結するスケジュールになります。

小規模の家族葬に対し、一般葬では生前に故人と縁のあった友人や、仕事関係、趣味のサークル、近所の方など、幅広く呼ぶ葬儀です。そのため、参列者の人数が多くなる傾向にあり、遺族の面識のない人も訪れます。参列者の人数も100名を超えるような大規模な式になることもあります。

なぜ家族葬が人気なのか

近年の国内の死亡者数は増加傾向にありますが、葬儀は遺族や親族を中心に少人数の参列者で行う、家族葬が増加傾向にあります。家族葬が増えている背景には次のようなものがあります。

家族葬が人気の理由その1:費用を抑えられる

少子高齢化に伴い、故人の介護や医療にかかる費用も増えてきており、個人の資産が減ってきている現状があります。このような厳しい状況の中、葬儀価格を抑えることが重要なポイントになるため、参列者が少ない小規模な葬儀が増えてきています。家族葬の費用は久留米の場合、20~50万円が相場となります。

家族葬が人気の理由その2:故人の希望をかなえやすい

「残された遺族に負担をかけたくない」という故人の意思や、友人や近所付き合いの希薄化から、自身の葬儀は簡素なものでいいという希望も多くなってきています。また「終活運動」広まりから、そういった要望をエンディングノートに書き残すことも増え、遺族が故人の意思を汲み取りやすくもなっています。

家族葬が人気の理由その3:ゆっくりとお別れができる

大勢の参列者がある一般葬では、遺族は会葬者への挨拶や対応などに追われ、慌ただしくなってしまいます。そのような中で気がついたら葬儀は終わっていたという話も、よく聞きます。家族葬であれば、葬儀の中で発生する煩わしい手配や気遣いを最小限に抑え、気心の知れた人達のみで故人を偲びゆっくりと見送ることができ、そのような理由から小規模の葬儀を選ぶ人も増えています。

家族葬の流れとは?

家族葬はどういう手順で進めるべきなのか。逝去から葬儀後の手続きまでの流れを説明します。

家族葬の流れを見る

家族葬で喪主は何をすべき?

初めての喪主は不安なもの。家族葬で喪主がやるべきことをまとめました。

家族葬で喪主がすべきことを見る

家族葬の挨拶事例集

意外と知らないのが葬儀での挨拶。家族葬の場合の挨拶の仕方や声がけなどを調べました。

家族葬の挨拶事例集を見る

家族葬の費用

葬儀をあげるうえで、やはり気になるのは費用。ここでは家族葬の久留米の相場や一般的な費用について説明します。

家族葬の費用を見る

家族葬の香典返しとは?

葬儀後に参列者におくる香典返し。いつ、どんな品を送るべきかまとめました。気になるポイントをまとめました。

家族葬の香典返しについて詳しく見る

まとめ

費用を抑えつつ、故人とのお別れの時間をゆっくり過ごしたいなら家族葬がおすすめです。久留米ではサービスが充実しながらも低価格で家族葬があげられる葬儀社がいくつかあるので、ぜひチェックしてみましょう。

家族葬のサービスが充実!
久留米の葬儀社3選

白香苑

家族葬プラン
19万9000円~
           

公式サイトから
問い合わせる

草苑

家族葬プラン
30万円~

公式サイトから
問い合わせる

白香苑

家族葬プラン
19万9000円~

公式サイトから
問い合わせる

フェニックス
ホール玉泉院

家族葬プラン
36万円~

公式サイトから
問い合わせる